ごあいさつ

2020年は、予想だにしなかった全世界での新型コロナウイルスの流行により、かつてない生活を余儀なくされる年となりました。これにより、7月に開催を予定していた東京オリンピックの延期や、緊急事態宣言の発令により外出すら思うようにできない日々が強いられました。


そうした状況の中、弊社ではコロナ禍で高まったニーズや問題に着目し、素早い商品の生産・発売に努めてまいりました。

 

3年ぶりのフルリニューアルとなる主力商品「ファーファ ファインフレグランス」シリーズの発売。また、コロナウイルスの流行で急遽生産・発売に至った初の衛生ブランド「メディックエイド」シリーズは、6月の石鹸タイプと液体ハンドソープに続いて11月に泡ハンドソープを発売。30秒で泡の色が変わる訴求により、使用者の手洗いサポートを実現しました。


また、今年3月の発売に向けて準備の真っ最中である「ファーファ ストーリー」には、コロナ禍でおうち時間が増え、家族の関係性が重要となる今、親子のコミュニケーションのきっかけとなってほしいという想いが込められています。


このように、20年は社内の方針として掲げている「スピードあるコミュニケーション・行動・意思決定」が活きる年となりました。


21年も、スピードを大切に『お客様のきれいを創造する』という社是社訓に基づき、きれいを消費者に実感してもらえる商品を着実に届けてまいります。

 

①「五感で分かる商品」を武器に小さく生んで大きく育てる

withコロナで生活様式の変化が進む今、商品を通して「家族コミュニケーションのきっかけの提供」に価値を置き、他社にない切り口での商品戦略として今年3月に「ファーファ ストーリー」を発売します。また、生活様式の変化は商品の売れ行きにも表れ、18年に発売した香りのない洗剤・柔軟剤「ファーファ フリーアンド」が自社通販を中心に売り上げを伸ばし、昨比実績230%となりました。これは、柔軟剤は香りを求めるのが一般的である中、小さいながらも存在するニーズに応えた結果と感じています。これを学びに、五感への訴えを武器とし生まれたのが上記既出の泡ハンドソープです。 今年も五感に訴える商品開発に注力し、細やかなニーズにも応えられる中小企業の強みを活かした商品づくりを目指します。

 

②「一気通貫」体制で「最高の満足」をお届けする

「一気通貫」体制の強化を引き続き行ってまいります。業務内容の首尾を一貫して遂行することを、開発・販売・生産がそれぞれに完遂するだけでなく、各部門が連携を高め三位一体となることで、ブランド力・販売力の強化、開発力・生産能力増強を推進し、お客様に最高の満足(品質)をお届けする好循環サイクルを中小企業ならではのスピード感と、高い質をもって回して参ります。当社の商品を必要とするお客様のいる場所を見極め、当社商品を選んでいただける販売店を通じて展開することで当社の製品を必要とする人に届け、心から喜んでいただけるよう努めてまいります。

 

弊社では、個別化が進むお客様の悩みに真摯に向き合い、それを商品という形で市場に送り出すことで、お客様の生活はもちろんのこと、業界及び社会に貢献していく所存でございます。

里村 治

代表取締役社長

里村 治